薬剤師転職サイト 信頼ベスト 薬剤師転職ナビ


薬剤師の転職はネットで進めると成功しやすい


薬剤師は薬に関する専門家で、専門分野においては医師から意見を求められる場合もあるプロフェッショナルです。
しかし、高度な専門知識を有することで活躍の場が広く、最初に就職した会社で働き続けるのが必ずしもベストとは限りません

薬剤師にしかできない仕事を行いたい方が事務作業を中心とした職場では不満が溜まりますし、逆にマイペースに働きたい方には忙しい職場とは相性が悪いです。

せっかく大学の専門学科を卒業して、国家資格まで取得したのだから、自分に向いている職場について考えてみましょう
実際に薬剤師の仕事を経験したからこそ、新卒の時には見えていなかった部分もはっきりと理解できるのです。
同じタイプの職場でも、給与体系や人間関係が大きく変わります

年々深刻化する人手不足を背景に、日本においても転職市場を通じて「労働者が職を選ぶ」ことが一般的になってきました。調剤という他の職種にはない業務を扱う薬剤師には、薬剤師専門の転職サイトが向いています。薬剤師にありがちな悩みや、初めての転職活動で不安になりやすい部分へのサポートが手厚く、通常の転職サイトよりも便利です。

優秀で信頼できる薬剤師を求めている職場の大部分は、自ら募集するよりも薬剤師専門の転職サイトに求人を出す傾向にあります。

薬剤師専門の転職サイトは、求人に応募する前にその職場の様子を調べられます。
転職サイトの担当者が求人を出している職場へ実地調査をしているので、採用担当者が求めている項目や職場の雰囲気を教えてくれるのが大きなメリットです。

人間関係で悩むケースが多い仕事だけに、根本的に問題解決ができることを確認した上で転職しましょう。

労働条件や勤務場所など、より自分にあったものを探し転職することで、よりよい処遇を得たり、ワークライフバランスを充実させることが可能です。中でも専門性の高い薬剤師は、まさに転職市場にうってつけの職と言っていいでしょう。
薬剤師専門の転職サイトで登録を完了させると、転職支援をしてくれるエージェントがついてくれます。
エージェントの役割は多岐にわたっており、面談による希望条件のチェックと求人情報の紹介から面接対策などの採用までのサポートまで、まさに至れり尽くせりです。人材を紹介して採用されることで仲介手数料を獲得する仕組みになっているので、エージェントは全力で転職希望者の支援を行います。

即戦力となれる薬剤師の転職活動は平均3ヶ月で、転職サイトによってはすぐに転職する予定がない方は対象外となっています。

逆に言えば、登録するだけで自分と相性が良い職場をすぐに紹介してもらえることも示しているので安心です。
転職サイトを運営している母体によって得意分野が多少異なるので、すでに転職先の候補が決まっている方はその方面に強いところを選びましょう。

人間関係に悩んで転職する場合は事前調査が大切


人間関係の悩みは、転職によって解決できるのかどうかを慎重に見極める必要があります。

頭ごなしに仕事ができないレッテルを張られていて過剰に貶される等の、自分ではどうしようもない場合は転職によって心機一転をするのが有効です。

しかし、職場の人間と上手くコミュニケーションが取れないケースでは、自分自身を変えることも求められます。

やみくもに転職すると、また同じ話になってしまって職場に居場所がなくなる恐れがあるので、まずは薬剤師の転職に詳しいエージェントに話を聞いてみることをおすすめします。

転職活動では給与面を注目しがちですが、実際には同じ仕事なのに高収入であることには訳があります。

よくあるパターンが職場の人間関係が最悪で、悪口を言うことが日常茶飯事になっている事例です。

当然ながら、そのような劣悪な環境では人が辞めやすく、すぐに補充をするべく相場よりも高めの給与を提示しているのが真相となります。

薬剤師のために活動している転職サイトは、担当者が求人を出した会社や職場へ足を運んでいます。

担当者が自分の目と耳で集めた情報こそ、転職希望の薬剤師にとって役立つことを熟知しているからです。

エージェント制の薬剤師専門の転職サイトが多いのは、一般の職種のようにただ求人情報を紹介するだけでは上手くいかないことを経験則で学んでいるからに他なりません。

薬剤師を募集する側は、自社にとってマイナスとなる情報を出さないのが普通です。

現実として職場の人間関係がギスギスしていても、忙しすぎて新人への教育体制が整っていなくても、わざわざ親切に教えてくれません。

自力で転職して失敗する事例が後を絶たないのは、募集している側に都合が良い情報を鵜呑みにした結果です。

手間を惜しまずに現場の情報に詳しいエージェントに相談して、すぐに辞めざるを得ない職場を回避しましょう

転職によって何を実現したいのかで、理想的な職場が変わります。忙しいから休みが多い職場に移りたいのならば、会社に勤める形態の職場のように休日が保証されているところが最適です。

自分の知識を増やすために頑張りたい場合は、多忙でも大きく成長できる病院などが候補に入ります。

優先順位を明確にすることで、薬剤師専門の転職サイトでエージェントと面談をする時にもスムーズに話が進むのです。

エージェントは薬剤師の転職に関するプロですが、本人の希望が定まっていない状態では手探りになります。

もっとも、毎日の仕事で視野が狭まっている状態ではなかなか頭が回らないので、エージェントと面談をしてからゆっくり考えてみるのも一つの手です

初めての転職活動にチャレンジする方は、客観的なアドバイスを聞きながら自分の考えをまとめる時間を作ってみましょう。

豊富な求人情報の中から検索できる


自分の足で求人を探して回るとして、一日でどれくらいの求人が見つかるでしょうか。恐らく、住んでいる町のドラッグストアや病院をすべて回ったとしても20件といったところでしょう。でも、ネットの求人サイトであれば、日本全国で十万件以上の求人情報に直接アクセスすることが可能です。

労働条件や勤務場所で検索し、ヒットした求人同士をじっくり比較することで、求人誌などで探す場合の何十倍もの案件の中から、しっかりした比較を行うことが可能なはずです。

また、一部の企業は、ネットの転職サイトに登録した人限定で求人を公開しています。自社の処遇を無制限に公開したくないとの希望からです。年収700万円以上といった高額な求人の多くは、そうした限定公開求人であり、ネットを使わなければそもそもそうした求人までたどり着けないということになります。

また、一般的な企業の場合、最初から人材紹介会社経由での採用しか行っていない企業も珍しくありません。これは、紹介会社にある程度自社のニーズに見合った求職者だけを紹介してもらうためであり、事実上の一次選考を任せているためです。

つまり、店舗に求人の掲示がなかったり、タウン誌に募集が告知されていない場合でも、ネットにはしっかり求人がアップされているケースもあるということですね。上記のような理由から、仮に求人誌や自社サイトから応募可能な企業でも、紹介会社の転職サイト経由でエントリーした方が実際の選考でも有利となる傾向が強いです。

より自分に合った求人が見つかりやすい


ネットの転職サイトの多くは大手の人材紹介会社が運営し、登録後は転職コンサルタントと面談することになります。求職者と違い、彼らは幅広い企業を把握している転職のプロです。いま転職市場全体がどういう状況でどういったニーズがあるか。それを知る彼らからのアドバイスを受けることで、より自分に相応しい求人に巡り合えるチャンスが大きく向上するでしょう。

むろん、彼らは実際の面接に対するアドバイスも行ってくれますし、履歴書の書き方も指導してもらえます。履歴書の書き方一つで、10連敗だった人が突然3つの内定が出た、というケースもあります。特に、一度も転職をしたことの無いという方は、ぜひとも転職コンサルタントと面談してアドバイスをもらうべきでしょう。

また、幅広い情報を知ることで、自分の希望も変わるかもしれません。「週3日から勤務できる職場があるなら、そちらを優先したい」「あくまで正社員希望だったが、その条件なら契約社員でもかまわない」

長年にわたり業界を見つめてきたコンサルタントの助言が無料で受けられることも、ネットを使った転職の大きな魅力の一つです。

自身の適正な市場価値がわかる


もう一つ、ネットを使った転職には大きなメリットがあります。タウン誌等の紙媒体には、「時給〇〇円」とあらかじめ決められた処遇が掲載されています。実際には応募した後で交渉の余地はあるでしょうが、掲載された金額から大きく上振れることは稀でしょう。

ただし、ネットの求人であれば、自身のスキル、職歴、希望によってある程度マッチングした求人を絞り込むことが可能です。

また、転職コンサルタントとの面談の結果、初めて自分の適正な市場価値を知るという人も少なくありません。
「自分の職歴でこれほど頂けるとは知りませんでした」
「自身のあのスキルが必要とされていることを始めて知りました」
といった声は実際に少なくありません。多くの求職者に日々面談しているコンサルタントだからこそ、隠れたスキルやアピールポイントを見抜けるのです。

これまで複数の転職経験がある、という人なら、なんとなく自身の市場価値は把握されていることでしょう。でも一度も転職経験がないという人は、とりあえず転職サイトに登録して転職コンサルタントと面談してみるだけでも、意外な発見があるかもしれません。

エージェントとして交渉の窓口になってもらえる


自分一人で同時に複数の企業の求人に応募し、選考日を調整したり、必要書類のやり取りを行うのは中々煩雑な作業です。ネットで紹介会社にエントリーすることで、そうした事務作業の多くを紹介会社に代行してもらえます。

むろん、応募先の企業との交渉においても、彼らは求職者の側に立って粘り強く交渉してくれるエージェントです。お給料はいくらか、勤務場所はどこか、実際の労働時間はどの程度を見込むのか。こうしたすべてを個人が会社と交渉するのはちょっと現実的ではありませんね。

むろん、大手の人材紹介会社はコンプライアンスも万全ですから、個人情報は厳重に守られます。現在の勤め先に情報が漏れることはあり得ないですし、たとえご縁が無かった場合でもすぐに別の求人を紹介してくれるでしょう。

また、彼らエージェントは現職を退職する際の手続きにもアドバイスをしてくれますし、転職後にトラブルがあった際にもサポートを引き受けてもらえます。「転職前に聞いていた話と違う」と言うケースでは、間に立って会社側と再交渉してくれるでしょう。

一般的なサラリーマンであれば、終身雇用が前提であるため、同じ職種であっても会社ごとに業務の進め方はまるで異なります。同じ営業マンであっても転職後に前職同様にバリバリ働けるようになるには、乗り越えるべきハードルはけして低いものではないでしょう。

その点、専門性が高く職場を移っても即戦力性の高い薬剤師は、転職時代の花形と言えるお仕事です。ネットを使った転職活動により、そのメリットを最大限引き出すことが可能となるでしょう。

先入観を持たずに自分の希望条件を満たす職場を探そう


薬剤師の職場としては、病院などの医療機関にある調剤センター、病院の周囲にある調剤薬局、医薬品も販売しているドラッグストアの3つが代表的です。

一般的に調剤薬局とドラッグストアはスタッフの流動性が低く、良くも悪くも同じメンバーと仕事をします。

古株の中高年がグループを形成して、新人や中途採用者に仕事を押し付けるパターンもよくあるので気をつけましょう。

転職先として豊富な求人がある調剤薬局とドラッグストアですが、書類上の待遇面だけで安易に転職するのはあまりおすすめできません

ビジネスとしての売上目標もあるので、毎月の実績を出せなければ将来的な昇進ができない点に要注意です。

転職サイトのエージェントは転職した薬剤師の動向にも詳しいので、率直に質問することで有益な情報を得られます。

職場に同年代が多いのか、古株が若手を軽く見ているのかといった、現場を見てきた人間しか分からない情報を惜しげもなく提示してくれるのがエージェント制の魅力です。

経験値を積むのにぴったりである病院の薬剤師は、研修制度の有無によって成否が決まります。特に、病院勤務が初めての薬剤師にとっては、しばらく教育係がついてくれた方が早く仕事を覚えられます。

医療の最前線としてどのスタッフも忙しく歩き回っているので、自ら動いていく姿勢も大事です。薬剤師専門の転職サイトを選べば、その病院の内情についても事細かに確認できます

病院勤務で自分を鍛えたい方は、ゆくゆくは管理職などの上の立場を狙う場合が多いです。キャリアプランとして有効であるのかを担当のエージェントに聞くことで、自分の将来設計の堅実さをチェックできます。

若いうちは無理をしてでも経験を積んで、中高年からはもっとゆっくり働ける職場に移るプランでも、どれぐらいの時期にどういう方面に転職すれば良いのかが具体的になります。

薬剤師専門の転職サイトでは、製薬会社の研究職などの非公開求人も豊富です。

一般には出回らない珍しい求人も、薬剤師専門ということでどんどん集まっています。

一定のキャリアとスキルがある薬剤師が登録すると、高待遇で自分がやりたい仕事をする機会を得られるのです。

大手ほど薬剤師専門の転職サイトへ求人を出すので、安定した仕事をしたい方はこぞって登録をしています。

会員登録をすることで非公開求人への道が拓かれるので、さっそく登録手続きを行いましょう。

日本では転職回数で判断するため、どれだけ優秀でも2回目以降の転職ではかなり不利です。

薬剤師専門の転職サイトのエージェントと協力して転職活動をすることで、自分の希望をかなえられる職場を探してみるのが賢い選択となります。

担当のエージェントが代わりに交渉を進めてくれるから、現在の仕事を行いながら、採用される可能性が高い転職活動を実現できます。

薬剤師転職サイト信頼ベストなおすすめランキング!

エムスリーキャリア


マイナビ薬剤師



業界トップクラス!薬剤師転職ドットコム



ヤクステ



ジョブデポ薬剤師転職



ファーマジョブ(薬剤師転職)








薬剤師の方がドラッグストアで、働いていく折には、薬の仕入れ作業他にもその管理は自然で、調剤および投薬までの流れをも負わされる事も。

その上、初めて転職するという事例にも大変役に立つでしょう。

調剤薬局においては、一人管理薬剤師を常駐させる事が薬事法というもので定められていますが、調剤薬局に就職している薬剤師が求めるキャリア膨れ上がるとして、この管理薬剤師を要望するという方も多々あると考えます。

今日では、薬剤師向け転職Webページがたくさんとあります。

病院に勤務している薬剤師は、患者さんが飲む薬の指導以外にも薬歴管理といった業務など、ショップに就職するなら在庫管理しかもその管理仕組み、会計管理業務とその体系といった習得も重要になってきます。

各Webページに特色があるはずですから、貴女が使用するには、自身にふさわしいWebページを見つける事が重要です。



最上良い求人を確保するには、能動的な転職するための行動が肝となるでしょう。

転職する、しないにかかわらず、ひとまず話しを聞いてみたいと、求人Webページに連絡する薬剤師の方たちは少なくないみたいですので、度胸を出して転職Webページの専任アドバイザーを参考にしてみては如何にでしょう。

ドラッグストアですと、大変な量の業務を担当する事になります。

高待遇の薬剤師求人が増加してくる事が、1月以降の流れと言えるでしょう。

求人情報は満載ですし、転職する時の雑務を諸々としてくれるので、薬剤師を専門とした転職Webページは、転職活動にあまり時をかけられない人にジャストなWebページです。

薬剤師としてやるべき事は言うまでもなくですが、移行の判断やアイテムの管理業務やパート・アルバイトの採用等もしなければなりません。




このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリ一覧
最新の記事